仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

仮想通貨の将来性について②

2018/02/07

チェックしてる男性

仮想通貨の代表格とも言えるビットコインについて考えてみれば、日本ほどビットコイン仮想通貨に対してネガティブな印象をもっている国も少ないのではないでしょうか。

新聞報道やテレビニュースを調べてみればわかりますが、ビットコインについての報道はほとんどがネガティブな感想を抱かせるものが多く、ビットコインのメリットや仮想通貨の将来性について言及した報道はほとんどないと言ってもいい状態です。ビットコインや仮想通貨の本質ではなくて、話題性や事件性について言及して報道していることがほとんどです。

日本でビットコインが始めて大々的に報道されたのは、2014年のマウントゴックス事件でした。おそらくほとんどの人が仮想通貨やビットコインについて、全く知らなかったときに不幸にも個人的な大事件が発生してしまいました。

もちろん、どのような優秀なシステムや機械でも使う人間が良くなければ、プラスにもマイナスにも働くといういい教訓でありましたが、マウントゴックス事件でビットコインは怪しいものという印象がついてしまいました。この印象を変えるのは、まだまだ時間がかかるでしょう。

しかし、それで仮想通貨の桁違いの利便性が損なわれることはありません。仮想通貨は確実に発展していったのですが、またビットコインに対するネガティブな報道がなされ始めました。

それが2017年8月1日にビットコインが分裂するということです。通貨が分裂?と普通の人ではほぼ見当が全くつかないことが、新聞やテレビニュースで報道されたことで、ますますビットコインや仮想通貨の怪しさが増幅されたことでしょう。

日本のような通貨が安定している先進国にとっては、仮想通貨は投資や投機の対象として捉えられることも少なくありませんが、ビットコインと中心として日本の商業施設などでも、仮想通貨による決済が進んできていることからも、ビットコインや仮想通貨が優れたものであるということを企業ではかなりわかっていると言うことでしょう。

円やドルがあるのだから、仮想通貨がなくても不自由はしないという人が多いですし、クレジットカードも他の先進国に比べると利用率が少ないですから、よく理解できない仮想通貨を使う必要がない人がほとんどでしょう。

しかし、日本にもグローバル化や国際化の波は確実に押し寄せてきます。

現状では仮想通貨については利用しなくてもいいと思われますが、仮想通貨の将来性を考えてみれば、少なくとも仮想通貨については勉強しておいたほうがいいと考えられます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-関連記事
-,