仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

仮想通貨に対する日本のマスコミの取扱

2017/09/15

メモをとる男性

仮想通貨に対するほとんどの日本人の印象は悪いと言わざるを得ません。

仮想通貨の代表格はどうしてもビットコインという事になりますが、日本の大手のマスコミの報道を見ているとどう考えてみてもビットコインに対して好意的とは考えられないからです。

ビットコインを中心とした仮想通貨は、世界的なトレードを円滑にすすめることを目的に作られているもので、安全性と進歩性は世界中で高い評価を受けているにもかかわらず、先進国である日本では仮想通貨の価値がわかっている人は非常に少ないと感じざるを得ません。

これはやはり、マスコミの報道の影響が強いと言わざるを得ないでしょう。

まず日本人の仮想通貨に対する印象を決定的に決めてしまったのは、マウントゴックス事件です。ほとんどの人が仮想通貨やビットコインについてまるで知識がなかったときに、マウントゴックスの巨額な金額の詐欺事件とも消失事件とも取れないような事件が起こってしまったことは、日本人にも仮想通貨にとっても不幸であったかもしれません。

日本人の仮想通貨に対する印象は、大きなマイナスからスタートしたのです。

もちろん、知っている人に取ってはマウントゴックス事件は仮想通貨やビットコインが悪いということはまったくなく、人が起こした事件ということはわかっていたのですが、知らない人に取っては何か得体のしれないもので、たくさんの人が詐欺にあって大損を被った事件として記憶されることになったのです。

そして、そんなギャンブルのような投機に手を出すことはやめようと思ったことでしょう。

そして、またマイナスがプラスする事件が起こりました。ランサムウェアの身代金に犯人たちがビットコインによる支払いを求めてきたことです。世界的に起こったこの事件でもビットコインに対する印象はかなりマイナスが増えたことでしょう。マスコミの報道ではなぜランサムウェアの犯人がビットコインでの支払いと要求したのかということを報道しないで、ビットコインはこのような目的に使われるという印象を感じさせるような報道でした。

しかし、実際にマスコミがどう報道しようともビットコインを中心とする仮想通貨の広がりを止めることはできません。それは仮想通貨が優れたシステムをもっているからです。

そして、ついに日本でも仮想通貨についての法律の整備が始まったことも、仮想通貨が否定すべき存在ではないということを証明することになってきています。日本のマスコミは仮想通貨に対する報道姿勢と変えたほうがいいのではないでしょうか。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-関連記事
-,