仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

仮想通貨を安く手に入れたいなら中堅の仮想通貨を青田買いしましょう

2017/09/15

悩んでひらめいた人

仮想通貨を安く手に入れる方法は主に2つあります。

それは、将来性があるマイナーな仮想通貨を手に入れる方法と、相場の波を読んで、うまく底値で通貨を手に入れる方法です。このうち、お勧めできる方法は前者の方法です。マイナーな仮想通貨は1コイン数百円から数千円で買えるので、かなりお得に買い物ができます。

ビットコインのような有名な仮想通貨は、1コインを買うだけで数万円から数十万円ほどかかりますので、安いうちに買うことができれば投資金額を数十倍にすることも夢ではありません。

なので、マイナーなうちに仮想通貨を青田買いしておき、その通貨の価値が出始めたところで売り始めるのがいいのですが、いったいどうすれば、次に値段が上がりそうな通貨を買うことができるのでしょうか。そのコツは、マイナーな通貨の中でもまだ知名度が高い、いわゆる2軍の通貨を買うことと、1種類ではなく、複数の種類の通貨を買うことです。

このうち、複数の通貨を買うというのはわかりやすいです。

1種類しか通貨を買わない場合、狙った通貨の価値が上がらなければ利益を得ることが出来ませんが、5種類、10種類通貨を買えば、他の通貨の価値が思ったより上がらなかったとしても、そのうちの1つだけでも通貨の価値が上がれば大きく儲けを出すことができます。

だから、仮想通貨を買うなら1種類ではなく複数の通貨を買うべきだと言えます。では、2軍の通貨を買うというのはどういうことなのでしょうか。仮想通貨の1軍は、ビットコインやイーサリアムのような、仮想通貨界で特別な地位を持つ、ナンバー1.2レベルの通貨です。

このレベルの通貨は高いので、たくさん買うにはお金がかかります。

3軍は、ほとんど知名度がない通貨、要するにその他大勢レベルの仮想通貨です。このレベルの通貨はただ同然ですが、あまりに知名度がないのでこの先も価値が上がらない可能性があります。2軍の通貨は、この2つの真ん中です。

ほとんど誰も知らないマイナー通貨より知名度はあるけど、ビットコインには遠く及ばない仮想通貨、例えばライトコインのような通貨がそれにあたるのです。

この手の、中堅レベルの仮想通貨を分散投資して買えば、そのうちのいくつかはビットコインレベルの仮想通貨に化けるかもしれません。

仮に化けなくても、いまより値上がりする可能性が高いので、仮想通貨を買って儲けたいなら、そこそこの知名度がある2軍の通貨を買うことをお勧めします。そうすれば、少ない投資でたくさん儲けることも夢ではないでしょう。

 

GMOコイン

-関連記事
-,