ビットフライヤー

仮想通貨取引所のビットフライヤーの特徴
仮想通貨に興味がある人も多いのではないでしょうか。仮想通貨といってもたくさんあるので、どの会社を使ったらいいかわからないと思います。今回はテレビでもおなじみの取引所ビットフライヤーについて紹介したいと思います。

●国内大手の仮想通貨取引所

2014年1月に設立されたビットフライヤーは日本でも古参の仮想通貨取引所になります。比較的古い取引所なので、安心してやり取りがしたい人におすすめですね。もちろん、取引所の運営ノウハウを十分持ち合わせているため、知名度は国内トップクラスですし、初心者にぴったりです。また、この会社と安心して取引が出来る理由は、三井住友銀行グループ、みずほキャピタル、リクルート、第一生命といった各業界の大手企業から出資を受けています。このように、有名な大手企業から出資を受けているため、安心して取引が出来るのが魅力です。ビットフライヤーは運営に必要な資金面でも問題なく、やりとりができるので、右も左も分からない人は利用してみましょう。

●ビットコイン量が日本一

仮想通貨取引を行う中で、流動性の高さは大切ですよね。2014年以降国内の仮想通過取引所の数が増加していく中で、ビットフライヤーはビットコイン取引量で日本屈指の実績を維持し続けています。取引量が多いため、利用する側としては安心ですし、長く利用していこうと思う人にもおすすめの会社です。仮想通貨市場での基軸通貨のビットコインが取引できるビットフライヤーは、アルトコインの購入を検討していても是非利用したい取引所です。このように、たくさんのメリットがあるビットフライヤーなので、たくさんの人から長く愛されています。歴史も国内でトップクラス、取引量もトップクラスなので、とにかく仮想通貨に興味を持った人や利用したい人に、まず利用して欲しいですね。長く運営しているからこそのノウハウなどもあるので、非常におすすめですよ。たくさんのメリットを見つけて利用してくださいね。

●初心者でも使いやすいのが魅力

上記でも書いてありますが、とにかく使いやすく初心者におすすめの会社です。仮想通貨に興味があっても、「使い方が分からない」「意味が分からない」「不安が多い」という悩みを抱えている人がたくさんいます。そう感じている人はビットフライヤーがおすすめです。まず、アカウント開設はメールアドレスの登録だけで5分もあれば完了します。登録も簡単なので、始めるのも簡単にできます。さらにビットフライヤーの操作画面では、残高や保有している通貨、仮想通貨の現在価格、リアルタイムチャートなど、取引に必要な情報が分かりやすく表示されています。ビットフライヤーでは非常にシンプルで直感的な操作が可能なので、初心者でも安心して利用ができるでしょう。やはり、分かりやすいシステム、登録のしやすさなどから初めて仮想通貨を利用する人から人気があるのです。分かりやすく仮想通貨に対して不安がある人はビットフライヤーをやってみることをおすすめします。

●専用スマホアプリも使いやすい

実は、ビットフライヤーは手軽に仮想通貨取引が行える専用アプリ「ビットフライヤーウォレット」を配信しています。リアルタイムでレートの確認ができるので、急な価格変動時もすぐに対応ができます。スマホで出来るようになったからこそ、さらに手軽に利用することができました。気になったら、さっとスマホを見れば価格変動を確認できるので安心して利用ができます。また、他にも実店舗やECサイトでの支払いができる決済機能、フェイスブックやLINE、メールでビットコインを簡単送金できるPay機能など充実した機能がついています。スマホから手軽な取引をしたい人はもちろん、本格的なトレードをする際の情報源としても利用ができるのがビットコインウォレットの魅力なので、さらに手軽に利用をしたいなら専用アプリを利用して仮想通貨を楽しんでくださいね。セキュリティも高いので安心安全な取引を実現しているのでとてもおすすめです。仮想通貨に対して不安がある人こそ利用するのに向いています。

●まとめ

このように、仮想通貨取引所について紹介しました。その中でもビットフライヤーという取引所がとてもおすすめです。仮想通貨は興味がある人はたくさんいますが、実際には「怖い」「リスクがある」というイメージがあることからなかなか手が出せない人が多いですね。ですが、ビットフライヤーは初心者でも分かりやすいシステムや専用アプリがあることからリスクが少なく、手軽に利用することができます。取引所の中でも古くからあるため、安心できる会社ですし、セキュリティもしっかりとしているので、利用しやすいです。仮想通貨に興味がある人はこのビットフライヤーをまずは利用してみることをおすすめします。まずはノウハウを自分で見つけてから、もっと仮想通貨を楽しんでくださいね。