仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

仮想通貨のリスクは価格の乱高下だけではないことを知っておく

2018/02/07

困る男性

仮想通貨のリスクはどのようなものであるかと問われれば、あまりにも激しい価格の乱高下であると答える人がほとんどではないでしょうか。もちろん、価格の乱高下ですから値段が高騰することもありますが暴落することもあります。値段が高騰することについてはリスクとは言えないでしょうから、仮想通貨のリスクは仮想通貨価格の暴落ということができます。

特に2017年12月22日に起こった暴落で大きな損失を受けた人は少なくないと考えられます。その時にはたった数時間のうちにビットコインが30%程度の価格下落、ビットコイン以外のアルトコインでは60%を超える暴落が起こったのですから、大きく値下がりした仮想通貨を保有していた人にとっては悪夢とも言うべき事態で合ったことでしょう。

しかし、仮想通貨のリスクは仮想通貨の価格の乱高下だけではありません。もっと大きなリスクがセキュリティのリスクとなっていることを知っておきましょう。

仮想通貨についてはかなり大きなブームになっており、仮想通貨取引をスタートさせる人が膨大になっています。仮想通貨はまだまだ新しい投資分野と言っていいですから、株式投資などと比べてみてもシステムや法律がしっかりと整備されているというわけではありません。

仮想通貨取引では自己責任が大きく問われることを知っておきましょう。自分のことは自分で守るという意識がなければ仮想通貨投資はやめておいたほうがいいといえます。仮想通貨のセキュリティのリスクとして大きく考えられるのは2つです。

一つは仮想通貨取引所のリスクです。仮想通貨取引所自体が破綻する可能性もありますので、仮想通貨を仮想通貨取引所のウォレットに入れておくのはそれだけでリスクです。

それに仮想通貨取引所がサーバー攻撃を受けて、仮想通貨を持っていかれたというのは、すでに何件か発生しているリアルなリスクともいえます。仮想通貨は仮想通貨取引所においておかずに、ソフトウェアウォレットかハードウェアウォレットに置くべきでしょう。

もう一つは自爆のリスクです。仮想通貨は暗号通貨とも言われるように仮想通貨自体のセキュリティは高いのですが、匿名性が高くなっています。

最近よく聞かれるのが、仮想通貨の送金のアドレスを間違えて送金してしまったということで、その仮想通貨はおそらく二度と戻ってきません。それにウォレットの秘密キーをなくしてしまえば、ウォレット内の仮想通貨は取り出すことはほぼ不可能です。バックアップの重要性は仮想通貨ほど高いものはありません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-関連記事