仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

仮想通貨を4つに分類して考えてみる

2018/02/07

考える男性

仮想通貨はほとんどに人がビットコイン以外は認知していないことでしょう。ビットコインに次に時価総額の高いイーサリアムでも認知度はそれほど高くないと考えられます。

ただし、ここ数ヶ月で仮想通貨に対して興味を持っている人が増えたことにあり、チャンスがあれば、仮想通貨に投資をして利益をあげたいと考える人もいることでしょう。当たり前ですが、投資をするならば投資対象を選択するのは非常に重要なことでありますから、仮想通貨に投資するにしてもどの仮想通貨を選べばいいのか考えなければなりません。

仮想通貨はすでに1000種類以上発行されており、その数はどんどん増えていく一方ですから投資する仮想通貨を選ぶことはそれほど簡単ではありません。

しかし、仮想通貨を4つに分類して考えてみれば投資対象の選別に役に立つことでしょう。一つはビットコインです。仮想通貨の代表と言ってもいいでしょう。ほとんどの人はまずはビットコインに投資するべきかどうかを検討すると思います。

ただし、すでにかなり値上がりしてしまったことからこれから、どのくらいの上昇余地があるのかわかりにくいので、投資対象としては難しい面もあります。ただし、ビットコインは仮想通貨の基軸通貨であることは間違いない事実です。

二つはメジャーなアルトコインです。最近ではイーサリアムやリップルなどが話題になっています。日本の仮想通貨取引所のコインチェックで、売買できるような十数種類のアルトコインはメジャーで安全性はかなり高いといえます。かなり値段が上昇してしまったコインもありますが、まだそれなりに手を出しやすい価格のコインもあります。

コインの特徴などをしっかりと把握して投資すれば投資対象としていいかもしれません。ただし、何百倍にもなることは流石に期待薄になっています。

三つはアルトコインでも草コインと呼ばれているコインです。ネームバリューも時価総額もないコインが多くありますが、かなり価格が安いこともあり、一攫千金を狙うような投資家が投資していることも少なくありません。このような仮想通貨は何百倍や何千倍のリターンを得られる可能性があるので、しっかりリサーチして投資する手はあるかもしれません。

最後にアルトコインでもクズコインです。草コインと同列と言っていいのですが、どうしようもないような詐欺的な要素を含んでいるコインです。詐欺ではなくても、投資して利益が出ることはないので、投資は見送るべきでしょう。

GMOコイン

-関連記事