仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

仮想通貨が毀誉褒貶になってしまう理由

2018/02/07

チェックシート

はっきりと言いますと、ビットコインを始めとした仮想通貨がアツくなっています。

数年前までは、一般的にはほとんど話題になっていなかった仮想通貨に関するニュースや話題が、かなり頻繁に聞かれるようになったことからも、仮想通貨について関心が高まっていると言ってもいい状態です。しかし別な見方をすれば、仮想通貨ほどポジティブなイメージとネガティブなイメージが、交錯しているものもないように感じてしまいます。

金融業界での大物や金融についての専門家も仮想通貨については、ポジティブな発言をする人もいればネガティブな発言をする人も少なくありません。

仮想通貨は今までにまったくなかった概念と技術を使っていますから、一般的には理解が簡単ではありません。なので、専門家の意見を参考にすることが多いですから、専門家の意見に左右されやすいのは仕方がないことになります。

ただし、日本においては仮想通貨は、やはりネガティブなイメージが先行しているようです。

円という法定通貨が安定しており、円の利便性も高くなっている日本ではまず、仮想通貨の利便性やメリットがわかりにくくなっています。仮想通貨が高騰したことによって、かなり儲けがでたという人もほんの一握りのひとであり、大儲けをしたというメリットは他の人から見れば、バブルや投機というようなネガティブなイメージになってしまうのです。

そして、仮想通貨にはネガティブなイメージを想定することは少なくありません。マウント・ゴックス事件や、ネットを使った経済的な事件に仮想通貨が使われることが少なくありませんし、北朝鮮などがマネーロンダリングに仮想通貨を利用しているというような、報道は仮想通貨に対する大きなマイナスイメージをもたせたことでしょう。

それに、あまりにもたくさんの仮想通貨が発行されていることから、その中にはかなりたくさんの詐欺的な仮想通貨が混ざっていることは否定できません。

大儲けをした人がいるということから仮想通貨を詐欺的に販売するような業者もでてきている始末です。仮想通貨をあまり知らない人にとっては仮想通貨は怖いもの、手を出してはいけないものという先入観が出てくるのも致し方ないような状況にもなっています。

仮想通貨はこれからどうなるのか、専門家の間でも意見が分かれている状態ですが、仮想通貨の核心的な技術であるブロックチェーン技術は革新的な技術であることを否定する人はいませんから、毀誉褒貶を続けながら変化していくのではないかと思われます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-関連記事