仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

物品購入用としての仮想通貨と現時点での普及状況

2018/01/19

通貨

物の売買を行う為には、もちろんお金は関わってきます。どこかに品物を売却した時には、お金は支払われるでしょう。それで渡されるお金は、基本的には日本円になるのです。

しかし円だけでなく、世界には様々な通貨はあります。もちろんドルなどの外貨もそれに該当しますが、最近では仮想通貨なども検討されているのです。

仮想通貨は、いわゆるインターネットをフル活用した通貨になります。ですからそれを使う為には、必ずネット接続は必要なのです。どうやって仮想通貨を手に入れるかというと、基本的には取引所に連絡をする事になります。WEBでの購入用のフォームがありますから、それでデータを送付すれば、コインなどを購入する事は可能です。

ところで現時点では、どれ位の業者がその通貨を採用しているかというと、まだそれほど多い状況ではありません。確かにそれは、お金であることには違いありません。

ですから一部のお店では、仮想通貨で購入手続きなどを行う事は可能なのです。飲食関連のお店なども、日本では仮想通貨を採用しています。

ただし仮想通貨が利用可能なお店は、現時点ではまだ多くありません。

確かにそういうお店もいくつか存在するのですが、まだ仮想通貨が登場して間も無いという事もあり、それほど広がっていない状況です。ちなみに日本では、どちらかといえば電子関連のサービスでそれが活用されると想定されているのです。

昨今では、オンラインゲームなどに興じる方々も多く見かけます。そしてゲームで課金する為には、原則として電子マネーなどを活用する事になるでしょう。その電子マネーの対価手段として、仮想通貨が活用されるのではないかと想定されているのです。ただし登場して間もない通貨という事もあり、まだそれほど多く使われている状況ではありません。

仮想通貨が日本円ほど幅広く使われるかどうかは、今の段階では様子見とは言えるでしょう。

しかし仮想通貨は、それなりに便利である事も確かです。何と言っても、送金が24時間で行えるメリットは、一部の方々は高く評価しています。銀行振り込みですと、どうしても銀行の営業時間に限定されてしまいますから、やや使いづらい一面はあるのです。

それに対して仮想通貨は比較的幅広い時間帯で手続きが可能ですから、確かに便利なツールと言えます。その利便性が、今後多くの方々から高く評価されれば、幅広く使われる可能性はあるでしょう。期待されている通貨ではありますが、現時点では様子見でもあります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-関連記事
-,