仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

ビットコインから生まれた新しい仮想通貨、それがビットコインキャッシュです

2018/01/18

通貨

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂して生まれた、まったく新しい仮想通貨です。ビットコインや他の仮想通貨と互換性はありませんが、取引所で売買することができるので、手元にあるビットコインキャッシュを売って別の通貨を買うこともできますし、その逆に別の通貨を売ってビットコインキャッシュを買うことができます

では、このビットコインキャッシュ、本家のビットコインとどこが違うのでしょうか。

結論から言えば、本家ビットコインとビットコインキャッシュにほとんど違いはありません。基本的には同じ通貨なのですから、それは当然のことだといえます。

ただし、このビットコインキャッシュ、いくつかの点が本家ビットコインと違います。そのなかでも最大の違いが、ブロックチェーンの容量の違いです。本家ビットコインはこのブロックチェーンが小さいので、あまりたくさんの取引を記録することが出来ませんでした。

ですが、ビットコインキャッシュはブロックチェーンが大きいので、本家ビットコインより多くの取引を記録することができます。

なので、ビットコインキャッシュの方が、本家ビットコインより使いやすいです。他にも、ビットコインとは開発者が異なるなど、いくつもの違いがあります。このようにいくつかの細かい違いがありますが、それを除けば、ビットコインキャッシュは、本家のビットコインと似たようなシステムの通貨なんだと覚えておけばいいでしょう。

ビットコインキャッシュはビットコインのクローンのような仮想通貨なので、まったく新しい仮想通貨というわけではありません。ではこのビットコインキャッシュにビットコインのような価値はあるのでしょうか。

一言で言うと、その価値はあります。もちろん、ビットコインキャッシュはビットコインのクローンのような存在なので、今の価値はビットコインに及びませんが、ビットコイン同様に、このビットコインキャッシュも価値あるコインであるとの認識が広がっていけば、その価値が高騰していってもおかしくありません。

今のビットコインキャッシュの価格は、ビットコインから別れた通貨にしては低めなので、まだまだ値段が上がる余地があります。そこを考えると、もう値段が上がる余地の少ないビットコインよりも、投資に向いた仮想通貨だということが言えます。

ですので、仮想通貨で大きく儲けたいなら、価値が定まりつつある本家のビットコインではなく、まだ価値が未知数であるビットコインキャッシュに投資するとよいでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-関連記事
-,