仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

仮想通貨のこれからの有望性

2017/09/15

通帳をみる女性

この数年、仮想通貨がとても大きな人気を呼んでいます。仮想通貨は国が通貨を発行するのではなく、インターネット上で自由な状態で利用させることから、グローバルで利用されています。この仮想通貨でも特にメジャーなのが、ビットコインです。

ビットコインの人気な理由は、投機対象となっているからです。ビットコインが立ち上がった当初から比べると、その貨幣価値が何百倍、何万倍にも大きく成長しているからです。

そのおかげで億万長者になれた人も、たくさん出てきています。ビットコインは、国を超えて決済手段や送金と資金移動にも利用されています

また、改ざん防止のデジタル暗号化を確立されていることから、安定した取引が可能と判断されて、ここまで拡大・成長してきた経緯があります。しかし、2017年8月に日本国内のビットコイン取引業者が当面取引を無期限で停止することが打ち出されました。

それは手続きの考え方が、ビットコインをする団体間で大きく分裂したためです。

この数年でビットコインの取り扱いデータが驚異的に増大しました。そのために取引処理が遅くなってしまい、大きな問題となっていました。それを解決するために、ビットコインの技術グループが新たな技術を投入して解消しようと考えたのです。しかし、実際にビットコインの取引処理で手数料を稼ぐ団体からは一定のインセンティブが少ないことを指摘。

これにより、ビットコインの基準が2つに別れてしまいました。これを分裂と受け止める取引業社も出てきて、国内では、騒動が沈静化するまでは、取引停止のは油断を下した訳です。これを契機にビットコインの価値が次第に低くなってきているのです。

しかし、一方ではこの動きを冷静に観察している向きもあります。海外の投資家は、一旦、下がるビットコインは必ず復活するので、買いの絶好のチャンスと受け止めているのです。

日本で何故あれだけ大騒ぎするのか?」と思われている程だとも言われています。

確かに仮想通貨に対しでの法整備は、日本では存在していないこともあり、国も巻き込んで過剰なくらい敏感に反応しているのかもしれません。仮想通貨なために国不在の中で発展してきたビットコインなので、日本の受け止め方は後手に回っている可能性も否定できません。

今は冷静に動きを注視しつつ、海外の投資家のように、次の機会をまたとない絶好のチャンスと受け止めることができるようにしておくことが必要なのです。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-関連記事
-, ,