仮想通貨マニア

仮想通貨マニアは仮想通貨に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

仮想通貨の発展の流れは止まらない

2017/09/14

電卓とぺんとグラフ用紙

日本においては、大手マスコミの仮想通貨に関しての報道姿勢はネガティブな場合が多いようです。日本の一般市民に対する大手新聞社やテレビニュースの影響は少なくありませんから、大手マスコミがネガティブな報道を続けると一般市民が感じる仮想通貨に対するイメージもあまり良くなっていかないように感じます。

多くの日本人は仮想通貨に対してほとんど知識を持っていません。なので、知識人の集まりと思われている大手マスコミの意見を頭から信じているのでしょう。

もちろん、仮想通貨はまだ生まれたばかりであるという言い方もできますから、まだまだ改善の余地はたくさんあるでしょう。仮想通貨の代表格であるビットコインがアチラコチラで決済可能になったところで、仮想通貨に対する法的整備が行われていることを知っても、ネガティブなイメージはほとんど変わっていません。

例えば、ビットコインが2017年8月1日に分裂するかもしれないということが話題になった時には、かなりの大手マスコミはやはりネガティブな報道がほとんどでした。

一見すると中立的な意見であるようなフリをしている大手マスコミが多かったようですが、全体的にはネガティブな論調になっており、その証拠として分裂騒動を契機としてビットコインは大幅に値を崩しましたし、その暴落したビットコインのことをまた報道することによって、また暴落すると言うパターンになっていました。

大手マスコミの報道を精査すると、分裂ということを声高に叫んでいるだけで、内容は薄っぺらいと言うしかない内容がほとんどでした。

おそらくは、大手マスコミがビットコインの分裂問題の記事を書いた記者などは、ビットコインやブロックチェーンの本質をわかっていないと、判断してもいいくらいです。

仮想通貨やブロックチェーン技術について詳しい人などは、大手マスコミの記事はお笑いだったのかもしれません。実際に8月1日に近づくに連れて、ビットコインは値を戻していき、ビットコインの分裂は実際に起ったものの大きな混乱はなく、それどころか、ビットコインはまたどんどんと値を上げていく次第です。

仮想通貨のブロックチェーン技術は世界から認められた安全性の高いシステムです。日本のように通貨が安定している国においては、仮想通貨の価値についてわかりにくいでしょう。

ただし、仮想通貨についての法的な地位を整備した仮想通貨法などができたことから、政府や役所は仮想通貨の発展は続くと判断していることが推察されます。まずは、大手マスコミの仮想通貨の勉強が必要では無いでしょうか。

GMOコイン

-関連記事
-